医療法人社団 形成会 酒井形成外科 / 美容外科・美容皮膚科・形成外科 / 東京都豊島区 / JR大塚駅から徒歩1分
美容外科/美容皮膚科の診察予約

サプリメント

サプリメントと医薬品の定義


日本では薬事法により医薬品を定めています。

医薬品には医師の処方が必要な処方医薬品と医師の処方は必要ないが薬剤師の対面販売が義務付けられているOTCがあります。それ以外の医薬品を医薬部外品として定めています。

医薬部外品はスーパーマーケットやコンビニ等一般小売の販売が可能です。ということは、医薬部外品は医師や薬剤師等専門家による吟味がなされないということです。そのため、医薬部外品にあたる医薬品は副作用が殆どなく作用も穏やかなものが選出されています。

医薬品に対し食品は食品衛生法により[医薬品および医薬部外品以外の飲食物]と定義されています。アメリカでは医薬品と食品の項目の間に「サプリメント」を明確に定義していますが、日本ではサプリメントは「健康食品」として食品に位置づけられているようです。
サプリメントの呼称は日本では民間で付けられていて、国が定めるのもではありません。
ですから、サプリメントでは効能効果を表記することはできません。たとえば「痩せる」とか「腰痛に効く」などと効能を謳ってはならないのです。

一方、最近、徐々に広まるメタボリックシンドロームに対して、民間療法を応援する目的で国は保険機能食品制度を設けています。この制度の規格にかなったものを国は[特別用途食品(特用)]や[特定保健用食品(特保)]として認可しています。サプリメントと呼ばれるものは必ずしも特用特保ではありませんが、特用や特保に指定されたものであれば効果を有る程度明示することができます。

トクホ、トクヨウのマークの例

このように国で機能を認められた「特用」や「特保」の商品や、効能は明示できないもののある程度機能が認められる「サプリメント」は医薬品ではないにせよ、飲み過ぎや飲み合わせに注意が必要とされています。



健康の基本はバランスのとれた栄養をきちんと摂ることです

また、「サプリメント」や医薬品さえ摂取すれば健康を手に入れられると、これらを過信するのも問題です。基本はバランスのとれた栄養をきちんと摂る事にあります。

そして、どうしても不足しがちな栄養素をサプリメントで補充するようにしましょう。

ただし、飲み合わせの不具合や過剰投与はかえって健康を害する恐れがありますので、医師や薬剤師に相談または処方や調剤してもらうことが良いでしょう。


酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから